ツーリングマップルWEBツーリングライフをもっとオモシロくする、情報・交流サイト

 >  > 中四国ライダー 博田巌の「オフロードバイクライフ」vol.2

中四国ライダー 博田巌の「オフロードバイクライフ」vol.2

中四国ライダー 博田巌の「オフロードバイクライフ」vol.2

by touring_m@pp1e

更新日:2019年9月13日

「パリダカ」と言えば多くの人が聞いたことがある世界的ラリー(※現在は「ダカール・ラリー」と呼ばれ、レース地も異なる)です。現在「ツーリングマップル中国・四国」を担当する博田さんは、かつて「パリ・グラナダ・ダカールラリー」への参戦をはじめ、国内外のオフロードレース経験も多い方です。ツーリングマップルでは中国・四国エリアの担当者になる以前、全国の林道調査を行ったこともあります。そんな博田さんに、旅に興味を持った少年時代から、バイクに乗り始めた時期、オフロード走行の魅力などなどを語っていただきます。

第2回 バイクとの出会い

 

「自転車競技部」で毎日きついトレーニングに明け暮れる中、僕は自転車での「競技」よりも、バイクでの「自由」な走りへの憧れが強くなっていた。そんなある日、思い出のバイクDT125Rに出会った。

 

中古のDT125R(3FW)が置いてあったのは、友人行きつけの自転車店。

店主がミニバイクレースなどをやっていた関係もあって、自転車店なのに、ユニークなバイク好きが集まる楽しいお店だった。

DT125Rは、モトクロッサーYZを彷彿させるデザインに、125ccでありながら、兄貴分の200とほぼ同じ車体で、前後ディスクブレーキ、というのが当時のトレールバイクではとても斬新だった。

当時、アメリカのスーパークロスで活躍していた、自分と同い歳のデーモンブラッドショーがヤマハだったこともあり、すっかりDT125Rに魅せられてしまうことに。

欲しい!ただそのときはまだ原付免許しか持っておらず、お金もない。そこで、支払いをツケにしてもらう、という好意に甘えた形になった。その後、朝の新聞配達に加え、休日のバイトなどをしつつ何とか購入費用を捻出。免許の方は、何度目かの一発試験で何とか小型二輪免許を取得した。

自分のバイクで初めて走った時は、とても嬉しかったことを覚えている。

時間を見つけては、近所の河原や小さなコースに出向いて、バイク雑誌の「ライテク講座」を参考にコーナーリングの練習をしていた。

ある時、転んでレバーを折ったのだけど、怪我よりバイト代がなくなる方が痛かった、なんて思い出もある。

そんな時に本屋さんで見つけたのが昭文社の『2輪車ツーリングマップ』だ。ページをめくるたび、

「近くにこんなに沢山林道があるんだな」

と、とても興味がわいた。この「2輪車ツーリングマップ」を見ながら初めて行ったのが、大森川ダム周辺のダート。はたして地図のとおりに走れるか?山の中で何かトラブルがおきないか?自分のテクニックで無事に走り抜けられるか?などなど、ワクワクドキドキ感満点のツーリングだった。

こうして「地図を見ながら走る面白さ」を知ってしまうと、その後、四国内の林道巡りに出掛けるのが自分の楽しみになった。まあ、今もそれほど変わらないことをしているのだけど…(笑)。

 

友人達と行った、89年と90年の2年連続の「鈴鹿8耐観戦弾丸ツーリング」も楽しい思い出だ。金曜日の夜に高知を出発。徳島から和歌山行のフェリーで仮眠し、午前中に鈴鹿到着。土曜は予選・4耐をたっぷり観戦。そして日曜日は8耐を観戦。

レースが終了すると、今度は自分たちの8耐がスタート。夜通し走って高知まで帰った。

1年目は何とかなるだろうと、寝袋なども持たずに土曜日の夜駐車場で仮眠した。さすがに2年目はちゃんとキャンプ場を利用したが、いずれにしても、十代だから出来た、とっておきの旅の思い出の一つ。

鈴鹿へは、91年の日本GPの観戦にも出掛けた。

125CCクラスでの上田昇選手の初優勝や、ケビン・シュワンツ、ウェン・レイニーなど、トップライダーのバトルに大興奮だった。夏にはモトクロス世界GPも開催されて、すぐ目の前で見られるGPライダーの迫力ある走りには、すっかり魅了された。

そして、同い歳のステファン・エバーツの初タイトルも目の当たりにすることが出来た。

 

こうして、気付けばバイクだらけの生活になっていたこの年の秋、いよいよ僕が、オフロードバイクライフにどっぷりはまる、そのきっかけとなったナイトラリーに出場することになる。

 

(続く)

 

※当記事はツーリングマップル週刊メルマガにて2017年1月~2月に配信した記事を再編集したものです。

筆者:touring_m@pp1e

エリア

 > 

この記事に関連するタグ

×